鳥害 ハト対策のプロテクトエンジニアリング > 工事 > マンション窓部分での対策
Author:
• 火曜日, 9月 13th, 2011

毎度有難う御座います!!

停滞ポイントが特定されている箇所に対し、抜群の威力を発揮する『SUS製ピン状剣山イーゲル

本日は、窓庇・及び面台部分に設置した際の施工事例をご紹介致します。

 

窓の日差し除けや雨除けとして作られている庇では、停滞していても気付き難いポイントでもあり、

面台や下階の庇へ糞が付着する事により被害を受けていると判明する事が多くあります。

また、イーゲルの特徴でもある施工性が良い事から糞被害にあっているバルコニー対策時に周辺に

ある窓庇・面台を見ると、多数被害の確認ができ、その際同時に対策を採られるケースがあります。

下地処理プライマー塗布
 

 

 

 

 

 

             【施工中:下地処理】

イーゲルを設置するにあたり邪魔になる固形糞を除去後、建物とイーゲルを固定する接着剤の密着を

より強固にする為に、下地処理プライマーを塗布します。

この工程を省くと接着不良で最悪落下の原因になりかねません。(仕上げ材との相性により異なります)

イーゲル施工中
 

 

 

 

 

 

          【施工中:イーゲル取付】

この様な形で連続し張り付けて施工完了です。

付けた場所には止まれない イーゲルは物理的で確実な工法ですが、対策箇所や施工方法に

より十分な効果が得られない場合がある為、先ずはご連絡にて状況をお聞かせ下さい。

 

 

ハト・カラスなど鳥類の被害でお悩みなら、任せて安心責任施工の
プロテクトエンジニアリング株式会社まで                                            フリーダイヤル 0120-810-579

Category: 工事
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.