鳥害 ハト対策のプロテクトエンジニアリング > 工事 > JR西日本 阪和線
Author:
• 木曜日, 9月 08th, 2011

毎度御観覧頂き有難う御座います!!

もう気が付けば季節は秋へ、早い物ですね。 当社の近くでは『だんじり祭り』と『布団太鼓』2つも大きな

お祭りがあり、この季節 夜になれば路上提灯に明かりが灯り、どこからともなくだんじり囃子が聞こえ、

とても風情があります。 お時間が御座いましたら一度見に来られてはいかがですか♪

 

さて、今日は旅客上屋での鳥害対策!H型鋼フランジ対策専用SUS製防鳥柵プロトのご紹介です。

駅と言えば、ただ電車を待つ人だけではなく待ち合わせをしたり様々な人が集まります。それ故にハトや

スズメなど鳥類に餌を与えられる方も多く、各電鉄様も駅での被害に長年お困りです。

磁気ワイヤー停滞状況
 

 

 

 

 

 

               【対策失敗例】

上記の様に、商品の選択ミスや安さが売りの施工不良など、対策は施したが効果が上がらないのでは

何の意味もありません。ハトの執着心の強さや列車の振動による対策商品の落下なども考え作成した

のがSUS製防鳥柵プロトです。

フランジ対策 プロト
 

 

 

 

 

 

              【プロト施工例】

旅客上屋でよく使用されているH型鋼のフランジ幅に併せ作成しており、1.6㎜と2㎜のSUS製鋼棒で

成形されている為、ボルト部分など加工が必要な際でも現場加工が容易に可能となっております。

今回ご紹介致しました電鉄機関以外にも空港施設や高速道路など各公共交通機関施設において多くの

ご指示を頂いております。夜間作業や短期間工事に助かる商品です。

 

ハト・カラスなど鳥類の被害でお悩みなら、電話も無料の

プロテクトエンジニアリング株式会社まで                                            フリーダイヤル 0120-810-579

Category: 工事
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.